Pocket

ジオフェルンZ

ジオフェルンZ

やまいもの力のジオフェルンZ

自分の状態が不安・・・

  • 最近置き忘れが多い
  • 慣れた道でも迷うことがある
  • 切ったばかりの電話相手の名前が思い出せない
  • 今朝何を食べたか思い出せない

家族の状態が心配・・・

  • 同じ話を何度も繰り返す
  • 少しでもうっかりの回数を減らしたい
  • 最近身の回りの世話が大変
  • 昔の元気だったあの頃に戻ってほしい

こんなことでお悩みの方、和漢の専門研究機関が見つけた最先端のヤマイモ成分「ジオスゲニン」を多く含んだ注目のサプリメントです。

 

山芋に含まれるジオスゲニンがうっかり解消の鍵に

ジオスゲニンは、山芋に含まれる天然成分で、ホルモンの調整や改善に使われる(DHEA:デヒドロエピアンドロステロン)に似た分子構造です。DHEAの食品代替成分として期待されているそうです。

ジオスゲニンは直接的なホルモン様作用(ホルモンが起こす作用に似た作用)があるのではなく、いろいろなホルモンの素原材料、不足するホルモンの産生を助ける成分で、最近、医療健康分野で多岐にわたり有用性が報告されていて、高齢化社会の切り札的栄養成分と注目されているようです。


ジオフェルンZサイトより

研究グループが、山芋などに含まれる成分が、「うっかり」の原因とされるたんぱく質を減少させるという研究結果をまとめたとのこと。

情報のやり取りに重要な役割を果たしている神経細胞の「軸索」という突起が、「うっかり」がひどい場合では変形してしまうそうですが、これが山芋に含まれるジオスゲニンの摂取によって著しく正常に近い状態に戻っていることがわかったそうです。

NHK、読売新聞、日経WEBなど、多くのメディアでこの成分が紹介されています。

ジオフェルンZの成分

このとおりジオスゲニンは高齢化社会において注目の成分ですが、1日に必要なジオスゲニンの量は、自然薯に換算すると約2kgだそうです。現実の食生活でこれを取り続けるのは、困難です。

そこで、やはり効率よく摂取する方法としてサプリメントがお勧めです。ジオフェルンZの成分は、以下のような様々なサポート成分が配合されています。

ジオスゲニン
前述の通り山芋の抽出物です。山芋は古くから「腎気を増やして脾胃を健やかにする」といわれています。ジオスゲニンはDHEAに似た分子構造で、山芋が古くからスタミナ素材だった理由ということです。
赤ワインエキス
赤ワインには、渋みの元であるタンニン、色素であるアントシアニン、カテキン、フラボノイドなどのポリフェノールが豊富に含まれています。また、ポリフェノールの一種であるトランス対レスベラトロールが若々しい体作りに欠かせない成分として注目されているそうです。
イチョウ葉エキス
イチョウ葉エキスはその名の通り、イチョウの葉から抽出されるエキスです。イギリスやアメリカでは「Ginkgo(ギンコー)」と呼ばれて、ずっと賢いままでいたい人の間で普及しているそうです。ギンコグリコサイドなどの20種類以上のフラボノイド類が含まれていて、うち6種類(ギンケラチンやイソギンケチン)は2つのフラボノイドが結合した二重フラボンです。イチョウ葉特有の成分としてギンコライト、ギノライド、ビベライドなどがあり、その働きが注目されているそうです。非常に多種類の栄養素が入っていて、人気があります。
亜鉛
亜鉛は、タンパク質の働きをサポートし、健康と美容に大きく関係するミネラルだそうです。タンパク質、核酸の代謝に関係して、健康維持に役立つそうです。
ビタミンD
ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素で、必須のビタミンだそうです。

 

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+