Pocket

プラズマローゲン補給による認知症の改善・予防

プラズマローゲン補給による認知症の改善・予防

認知症の予防や改善に効果があるというプラズマローゲンについて、見ていきましょう。

脳の神経細胞を保護する体内物質「プラズマローゲン」

ヒトの脳の6割程度は、脂質でできていると言われています。

脂質にもいくつかの種類がありますが、脳の脂質の半分を占めているのがリン脂質で、プラズマローゲンが含まれているそうです。リン脂質は細胞膜の主な成分であり、体内で貯蔵される脂肪をタンパク質と結びつけたり、情報伝達を行ったリする働きがあります。

ヒトが物事を考えたり活動したりすると、脳の神経細胞は酸化して死滅してしまうのですが、プラズマローゲンには、酸化を抑制する強い抗酸化作用により神経細胞を保護する働きがあるそうです。

プラズマローゲンは、脳の神経細胞や心筋、リンパ球、マクロファージ(白血球の一種で免疫機能の中心的役割を持つ)等に多く含まれるとされています。

認知症の原因と考えられる脳疲労を改善する

プラズマローゲンは、以前にテレビ番組(TBSテレビ『夢の扉』)でも取り上げられたことがあり、認知症の予防や改善に効果がある物質として注目されています。

番組で紹介されていた九州大学名誉教授の藤野武彦氏は、プラズマローゲンの研究の第一人者であるそうです。藤野氏は、脳の機能が低下していることを「脳疲労」の状態であるとして、認知症やうつ病の他、生活習慣病の原因になっていることを指摘しています。

そして、プラズマローゲンが脳疲労の状態を改善できる成分ではないかと考えて研究を進めた結果、2006年に鶏肉からプラズマローゲンを抽出することに成功しました。

藤野氏がプラズマローゲンに着目した背景には、1900年代終わり頃のアメリカで、死亡したアルツハイマー患者の脳を調べたところ、プラズマローゲンが減少していることが判明したという事実があります。その後、藤野氏やカナダの研究者は、生存中のアルツハイマー患者の血液中でもプラズマローゲンが減少していることを発見したのです。

また、レオロジー機能食品研究所所長の馬渡氏が、2009年に純度の高いプラズマローゲンを大量に抽出することに成功し、製造が可能となりました。世界で初めてのことだそうです。

その結果、ヒトや動物にプラズマローゲンを投与する実験や試験もできるようになり、プラズマローゲンについて次のことが明らかになったとされています。

  1. 脳の海馬の神経細胞を新しく作り出す。
  2. アミロイドβによる認知学習障害を改善する。
  3. 神経の炎症や、アミロイドβが脳に蓄積されるのを防ぐ

 

レビー小体型認知症には特に効果的

プラズマローゲンは、どのタイプの認知症にも予防や改善の効果が期待できるようですが、レビー小体型認知症への効果が著しいという報告もあるようです。レビー小体型認知症では、8割以上で幻覚症状が消えたとされています。

実際の事例をいくつか挙げておきましょう。

81歳のレビー小体型認知症の女性
ホタテから作ったプラズマローゲンを2週間摂取後、顔に表情が戻り、周りに気遣いするようになったそうです。この女性は幻覚や幻視で苦しんでいて、パーキンソン症状もあって表情が硬く言葉も出なかったのに、進んでしゃべるようになったとのことです。
70歳代のアルツハイマー型認知症の女性
この女性は中等度のアルツハイマー型認知症で、物忘れがあったり抑うつ状態になったりしていました。夫婦のコミュニケーションもうまく取れなくなっていましたが、プラズマローゲンを飲み始めると症状が改善し、関心がなかったテレビを見るようになり、番組で見たお笑いネタで夫を笑わせようとまでしたそうです。プラズマローゲンを飲む半年前から、通常の認知症の薬を処方されて服用していましたが、全く効果はなかったとのことです。
74歳の意味性認知症の男性
プラズマローゲンを飲んでいなかったときは長谷川式スケールで18点でしたが、飲み始めて1ヵ月後には23点になったそうです。中等度の認知症でしたが、軽度の認知症に改善したことになります。点数だけではなく、本人の状態が目に見えて改善したそうです。

 

ホタテ貝由来のサプリメントが効果的

プラズマローゲンを多く含む食材には、ホタテ貝鶏胸肉があります。

誰もが日常的に口にする食材ですが、プラズマローゲンそのものが壊れやすい性質であり、食材から必要量を摂取することは難しいようです。そこで、サプリメントでの摂取がお勧めですが、念のため、鶏肉や貝類のアレルギーがある人は注意した方がよいとのことです。かかりつけ医に相談して、ごく少量の摂取で異常がないか確認してから継続して摂取する等、慎重に摂取する必要があります。

プラズマローゲンのサプリメントには、ホタテ貝由来のものと鶏肉由来のものがあるようですが、両者の違いはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)がどれだけ含まれているかということだそうです。DHAとEPAは、いずれも不飽和脂肪酸の一種で、脳内で重要な働きをすることが知られています。

ホタテ貝由来のサプリメントには、もともと魚介類に多く含まれるDHAとEPAが多く含まれていますが、鶏肉由来のサプリメントには、DHAはわずかに含まれているものの、EPAは全く含まれていないそうです。DHAは、血液脳関門という部分を通り抜けて脳に入って行くことができる唯一の脂肪酸であり、記憶力の改善や精神の安定に効果がある物質です。

藤野先生によると、ホタテ由来のプラズマローゲンの方が効果が早く現れ、しかも効果が高いようですから、ホタテ貝由来のサプリメントがお勧めであると言えそうです。

 

すぐに購入できるプラズマローゲンを含有したサプリメントの例

高純度「プラズマローゲン」

ストレスや加齢、寝不足で減少していく、情報伝達に大きく関わっているプラズマローゲンを補給するために、高純度に配合したサプリメントです。貴重な「国産ホタテ貝」から抽出しています。

プラズマローゲンEX

高額になりがちなプラズマローゲンを、介護者の立場で開発し、価格を抑えた商品。原料は国産鶏ムネ肉にこだわっています。

プラズマローゲン&レッドDHA

加齢やストレスによってプラズマローゲンが減少することが、「うっかり」を引き起こすようです。「プラズマローゲン&レッドDHA」は、ビタミンE、PC-DHA、アスタキサンチン、フェルラ酸も配合しています。鶏ムネ肉由来です。

 

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+