LINEで送る
Pocket

老化と認知症の違い(物忘れ)

老化と認知症の違い(物忘れ)

認知症のような症状だと思っても、それが単なる高齢によるものか認知症の症状であるかは、なかなか区別し辛いことが多いようです。「物忘れ」を例にして、老化と認知症の違いを見てみましょう。(元帝京大学名誉教授・安田和人先生の書籍を参考にしています)

物忘れにおける老化と認知症の違い

  老化の場合 認知症の場合
物忘れの原因 加齢による状態。
脳の神経細胞の機能が低下することから。
脳の病気による状態。
広範囲で脳の神経細胞が死滅して数が少なくなり、脳が委縮することから。
記憶力の低下 記憶力が低下する 記憶力の低下とともに、判断力や時間の感覚も低下する
判断力の低下 判断力は低下しない 判断力が低下する
自覚しているか 物忘れをしているという自覚がある 物忘れをしているという自覚がない
体験を忘れる 体験したことの一部分を忘れる(部分記憶の障害) 体験したこと全体を忘れる(全体記憶の障害)
物忘れが進行するか 進行しない 進行する
日常生活への影響 環境に変化がなければ特に支障はない 日常生活に支障がある

一般に、人の記憶力は20代をピークとして、その後年齢とともに低下していくようですが、例えば判断力など、記憶力以外の脳の能力はそれ以降も成長を続け、知能全体としては50歳ごろまで発展するといわれています。

その後、60歳ぐらいになると多くの人は記憶力・判断力・適応力などが衰えてくるようになり、脳の老化が始まると言われているようです。これは自然の老化現象で、認知症ではありません。

認知症は、脳の神経細胞が壊れることによって、記憶や認知能力が失われて(中核症状)、その結果日常生活に支障をきたす(周辺症状)ものです。

認知症の場合、早期に発見することで、原因によっては治療できる場合があること、また進行を遅らせることができる場合があることを考えると、気になったら、単なる「物忘れ」で済まさずに、できるだけ早く診察を受けることが望まれます。

関連ページ