Pocket

認知症の予防(サプリメント:EPA、DHA)

認知症の予防(サプリメント:EPA、DHA)

青魚に多く含まれているEPA、DHA(オメガ3(ω-3)脂肪酸(不飽和脂肪酸))は、血管性認知症の予防やアルツハイマー型認知症の予防にも効果があると言われています。しかし、魚食が減っていると言われている今、どうしてもこれらの栄養素は不足します。ここでは、EPA、DHAを含んだサプリメントを紹介します。

オメガ3クリルS

「人の名前が出てこない」
「物のしまい場所が思い出せない」
「同じ失敗を繰り返す」
「外出するのがおっくう」
「ボーっとして集中できない」
こんな悩みを抱えている方。

「オメガ3クリルS」は、クリルオイルをぎゅっと閉じ込めた新しいDHA・EPAサプリメント。

クリルオイルの原料となっている「南極オキアミ」は南極海に生息するプランクトンです。クリーンな南極の海に生息し、さまざまな海の生物の生命を支えながら生態系の最下層にあたるため、オキアミには有害物質が蓄積されにくく、人にも優しい素材として世界が注目しているようです。

「オメガ3クリルS」は、体への吸収効率の良いオメガ3系脂肪酸(DHA・EPA)を含有。クリルオイルのDHAの吸収率は青魚由来の約3倍だそうで、効率よく体内で利用されるとのことです。創業100年の白鳥製薬グループの高い技術と品質管理のもとに開発された商品です。

筆者も飲んでみましたが、ツルツルした赤い透明な錠剤で、鼻に近づけると少し魚のにおいがしますので、原料を感じます。つるっと飲みやすいです。食生活で常に魚からDHAなどを必要量摂取するのは苦労すると思うので、やはりこのような飲みやすい錠剤タイプは便利ですね。1日3~6錠が目安とのことですが、しばらく飲んでみようと思います。

体への吸収効率の良いオメガ3系脂肪酸(DHA・EPA)を含有した【オメガ3クリルS】

DHAサプリのきなり

現実の食生活では魚の摂取量が年々減少し、EPA・DHAを合わせた摂取量が全世代を通して厚生労働省の推奨値(1,000mg/1日)に達していないといわれています。現代の食生活では、それだけEPA・DHAを摂取するのが難しいといえるかもしれません。

DHAサプリのきなりは、4粒あたり500mgのEPA、DHAが含まれているとのことで、4粒ですでに推奨値の半分をカバーしています。さらに、酸化させずに摂取できるようにアスタキサンチンを含有、最近世界的に注目されている納豆に含まれる酵素含有のナットウキナーゼも含まれ、いわば「本来の日本食を再現」したかのようなサプリメントです。

うっかり世代のためのDHAサプリメント【きなり】

【小林製薬】ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

「サラサラ習慣をつけたい」
「数値が気になる」
「食生活が気になる」
そんな方にお勧めのサプリです。

ナットウキナーゼは、これまで日本ナットウキナーゼ協会が推奨する1日当りの摂取量が2000FUのに対して、この量を一粒に含有することができなかったとのこと。ナットウキナーゼは特に〝溶かすチカラ〟が注目される成分です。

そして小林製薬が研究・開発した結果、〝2倍の溶かすチカラ〟を一粒に結集させることに成功したようです。

さらに、近年健康食材として注目を浴びるたまねぎ。北海道栗山町でのみ栽培される、有用成分〝ケルセチン〟が普通のたまねぎの1.5~3倍も含まれるたまねぎを素材として採用。

また、厚生労働省が摂取を推奨する成分である魚油に含まれるDHAとEPAも配合されていて、摂取することができます。

【小林製薬】ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

プラズマローゲン&レッドDHA

「あれ?と感じることが増えた」
「元気でいたいけど体がついていかない」
「気持ちの浮き沈みが激しい」
「将来家族に迷惑をかけないか心配だ」
「休息が足りない気がする」
「家族からの指摘が多くなった」

こんな不安をお持ちの方、これらはもしかして認知機能の問題かもしれません。プラズマローゲン&レッドDHAは、毎日の不安を将来の希望へ変えるサプリです。主に以下の成分を配合しています。

  • DHA結合型ホスファチジルコリン
  • ビタミンE
  • ビタミンB群
  • フェルラ酸(米ぬか由来)
  • ガーデンアンゼリカ
  • アスタキサンチン

プラズマローゲンとは体内で生成されるリン脂質の一種で、身体の根本的な機能をコントロールする成分です。ラズマローゲンは、加齢やストレスによって減少してしまい、「うっかり」を引き起こすと言われています。冴え渡る毎日を実現させるためのサプリメントです。

新DHAサプリ「プラズマローゲン&レッドDHA」

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+