Pocket

認知症・介護ニュース

75歳以上の高齢者の免許証更新時の認知機能検査とは

免許証に記載されている更新期間満了日において75歳以上である人は、認知機能検査の対象となります。この検査では、受検者の記憶力や判断力が判定されます。

自治体や企業の認知症への理解を啓発する動き、見守る動き

全国の自治体や企業で、認知症の人の見守りや事故防止等に取り組む所が多くなってきました。見守り名簿を作ったり、メールを送信したり、通信機器や人の目による見守りが試行されているようです。

認知症になっても買い物を楽しむ英スーパーのスローショッピング

イギリスのある大手スーパーマーケットには、認知症の人や高齢者、体が不自由な人達への「スローショッピング」というサービスがあるそうです。

認知症の人を保護・救助する中学生・高校生、警察署からは感謝状

警察庁がまとめた2015年中の調査によると、認知症またはその疑いによる行方不明者は12,208人だったそうですが、最近では、認知症らしい高齢者が中学生や高校生に保護され、無事帰宅できるケースがあるようです。

「寝たきり老人」がいない?スウェーデンの終末医療に大きな違い

「世界幸福度調査」で10位にランクインしているスウェーデンでは、高齢者の施設でも寝たきりの人はいないそうで、自力でベッドから起き上がれない高齢者でも、スタッフの介助で車椅子に座り、他の入所者と共に食事を楽しんだりするそうです。

オランダの認知症の人のための村「ホグウェイ」

オランダには、認知症患者の村とも呼ばれている「Hogewey(ホグウェイ)」という先進的な施設があります。ホグウェイは、認知症の人だけが入居できる施設で、介護士たちといっしょに暮している施設です。どんな施設なのでしょうか。

介護殺人の加害者の7割が男性だという調査結果、なぜなのか

介護殺人の加害者の7割が男性という調査結果が出ているようです。介護と共に慣れない家事がストレスになる、周囲の社会から孤立する、経済的負担が増して困窮状態になる、精神的に追い込まれてしまう等のケースがあるようです。誰もが陥る危険のある状態です。

認知症不明者の急増で警察犬の出動が増加するが、警察犬は減少傾向

認知症行方不明者の急増で警察犬の出動が増加しているようですが、その警察犬は減少しているようです。訓練の費用、飼育の費用に対して、報酬が高くないこと、いつ出動要請があるかわからないハードな状況から、警察犬の飼い主が減少しているのが理由のようです。

介護施設「夢のみずうみ村」で導入されている「バリアアリー」

デイサービス「夢のみずうみ村」が実施している「バリアアリー」とは、施設内に段差や坂、階段、手すりの代わりに設置された不安定なロープなど、障害や困難をあえて作り、入居者にリハビリのとしてこれらを克服し、慣れていってもらおうというものです。

施設内通貨で楽しく頭のリハビリ

日本各地のデイサービスや特養などの介護施設において、意欲の向上、楽しく頭をリハビリすることなどを狙って「施設内通貨」を導入しているところが増えてきました。通貨を稼ぐ、貯める、使うことによって楽しみ、自立心、計画性、達成感が向上するようです。

血液からアルツハイマー病を早期発見

国立長寿医療研究センターなどのグループが、血液を調べることで、アルツハイマー病の原因となる物質が脳内に蓄積しているかどうか、判定する技術を開発したと発表しました。血液から、脳内のアミロイドベータの蓄積状態の判定が可能になったということです。

アメリカでアルツハイマー病の新薬を開発中

アメリカのアストラゼネカ社が、アルツハイマー病に効果があるらしい薬「AZD5030」を開発中です。ガンの治療薬として開発されたが認可されず、しかしアルツハイマー病に効果がある可能性が示されたようです。日本でも治験が行われているそうです。

無届け介護ハウス

「無届け介護ハウス」は、行政に老人ホームとしての届け出を行わずに運営されている施設です。格安で利用できる施設が多いため、主に低所得で身寄りがない高齢者の受け皿となり、急増しています。行政の基準をクリアしていない所もあり、危険も伴うようです。

高齢者の睡眠不足は認知症を招く

高齢者の睡眠不足は認知症を招くリスクが高いようです。不眠によりアミロイドβを掃除して取り除くことができなくなるというのです。予防策には、30分以内の昼寝、酒・タバコを控える、社会的な接触や運動量を増やす等があるようです。

認知症の徘徊・行方不明対策「大牟田モデル」2

地域ぐるみで認知症の人を支える「大牟田モデル」も、自治体や当事者の努力がありました。大牟田モデルが他の地域でも機能するためには、普段からまわりの高齢者に気を配り、関心をもつことで、地域ぐるみで徘徊のサインを見逃さないことが大切だといいます。

認知症の徘徊・行方不明対策「大牟田モデル」1

認知症行方不明者1万人時代の到来が言われている中で、地域ぐるみで認知症の人を支える「大牟田モデル」という町づくりの方法が注目を集めています。見守りを行う家族やまわりの人にとって重要なのは、徘徊などが始まるサインを見逃さないことだといいます。

東京工科大学の研究チームがチモキノンがアルツハイマー病に有効と発見

東京工科大学の研究チームが、ニゲラサチバの種子油に含まれるチモキノンがアミロイドβの神経毒性から脳細胞を保護する作用があることを発見しました。ニゲラサチバ種子油は、ブラッククミンシードオイル等の名称で販売されています。

お泊りデイ(雑魚寝の老後)

デイサービスを提供する事業所などが提供する宿泊サービスが、お泊りデイです。介護保険対象外(自費負担)となり、数百円から数千円と料金にばらつきがあります。運営が事業者まかせのため劣悪な環境もあり、死亡事故やウィルス感染も発生しています。

おひとり様の老後3(葬儀、骨、遺言、まとめ)

「おひとり様」が増え続けている今、老後も不安なものです。自分の葬儀、骨はどうするか、遺言は作れるのか、認知症の場合どうすればよいのかなどを紹介します。おひとり様の老後の注意点、今からやっておくことなどを、まとめて紹介します。

おひとり様の老後2(介護、成年後見制度)

「おひとり様」が増え続けている今、老後も不安なものです。介護が必要になった場合、介護認定を受けるにはどうすればよいか、成年後見制度は使えるのか、自分が認知症になった場合の後見人を選んでおく「任意後見契約」とは何か、などを紹介します。

おひとり様の老後1(お金、住まい、同居)

「おひとり様」が増え続けている今、老後も不安なものです。兄弟がいない方(一人っ子)、子どものいない夫婦、シングル(独身)、配偶者を失った方など。老後のお金、病気(認知症)、孤独死などについて、少しでも不安を除くためにできる準備を紹介します。

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+