LINEで送る
Pocket

ピクノジェノール

ピクノジェノール

イチョウの葉エキスの10倍の効果といわれる「ピクノジェノール」

ピクノジェノール(Pycnogenol)は、フラボノイド類を主成分とする、フランス海岸松に由来する機能性食品素材です。

もともと30年以上前から欧米ではサプリメントに利用されている成分で、そのすぐれた内容から近年の日本では「美容に向けての利用」も注目を集めています。

ピクノジェノール安全性

過去30数年の研究により、フランス・イギリス・アメリカ・ドイツ・イタリアなどの大学・研究者、ピクノジェノールの安全性が確認されています。ごくまれに胃腸障害や発疹が見られることがあるようですが、副作用は限りなくゼロに近いそうです。

ピクノジェノールは、認知症対策のみならず体全体への働きかけが期待されています。いわゆる健康寿命対策のカギとなり得るのではないか、と言われています。

※ご使用については、商品説明をよく読んでご自身の責任において行って下さい。

筆者も飲んでいます(4年継続)

筆者は、ピクノジェノールを飲んで数年になります。最初は1日に2粒ずつでしたが、最近は他のサプリも併用しているためコストを考えて1日1粒か2日に1粒ぐらいにしています。

ピクノジェノールは、錠剤の小瓶に近づいてにおいをかいで微かにする程度で、ほとんどにおいはしません(筆者感)。

使用感は、「飲まなくなると少し疲れやすくなる、集中力が弱くなった感じがする(筆者感)」ということでしょうか。筆者が思いますに、一般的にサプリメントとは、何ヶ月か以上続けて摂取しないと実感がわかないと思います。さらに、「摂取しなくなったときに初めて、使っていたときの実感がわかる」というものではないかと思います。

摂取している間は体がその状態に慣れてしまうため、たとえ調子がよくてもそれがあたり前になってしまいます。

筆者にとってピクノジェノールは、既に生活に一部になっています。

 

  • 認知症のサプリメント
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook