Pocket

プラズマローゲンEX

プラズマローゲンEX

介護をされている家族の方へ

以下のようなお悩みを持つ家族の方へ、介護士も絶賛するサプリメントです。

  • 家族の世話に、心身共にそろそろ限界。
  • 誰もサポートしてくれない。
  • 最近、家族が変わってしまった。
  • 家族が、対処に困っている。
  • 繰り返される同じ話に悩まされるようになった。
  • 「物・お金がみつからない」「ごはんを食べたかな?」という発言が増えた。
  • 家族のケアを試みても、自分は元気だと言い張る。
  • 家族のケアが経済的・心理的に大変。
  • 家族のケアによって、自分の時間が確保できない。
  • この状況がいつまで続くのか、先が見えない。
  • この先、どれくらいケアに費用がかかるのだろうか?
  • もう打つ手は何もないのか?
  • 家族で仲良く、穏やかに暮らすことはできないか?
  • 子供にも悪影響なのではないか?
  • いつになれば入所できるのだろう?
  • 家族へのケア方法は、今の方法で正しいのか?
  • 自分自身が混乱しているように思える

プラズマローゲンとは


プラズマローゲンEXサイトより

プラズマローゲンとは、もともと人体の中にある物質で、脳機能に重要な役割を果たしていることがわかってきました。

プラズマローゲンは体内で生成される成分ですが、加齢やストレスによって日々失われていくそうです。そして、分解しやすく安定しない物質のため、食事から取るのが困難なのです。

そこで効率よく摂取できるように開発されたのが、プラズマローゲンEXです。

 

プラズマローゲンEXの特徴

●本物のプラズマローゲン
世界で初めてプラズマローゲンの特許を6件取得した、プラズマローゲンの世界的第一人者である名達先生による監修のもとで、特許製法で抽出した成分をカプセルに凝縮した商品です。「本物のプラズマローゲン」として、安心して摂取できるとのことです。
●4大成分を黄金比率で配合
プラズマローゲンと相性の良い4大成分、すなわち「ホスファチジルコリン」「ホスファチジルセリン」「ホスファチジルエタノラミン」「スフィンゴミエリン」を、最もプラズマローゲンのパワーを引き出せる黄金比率で配合しています。
●原料は国産鶏ムネ肉
原料は国産鶏ムネ肉にこだわっています。
●コストの上でも、介護者の立場から開発
単純に高濃度にすると大変高額になってしまうため、プラズマローゲンEXでは、最も効率よくコストを抑えられる、絶妙な配合バランスを追究しました。介護者の立場から開発した商品のため、家族にとって続けやすく、なおかつコストの上で負担にならない商品として開発されました。

 

使用して変化した段階の例

摂取し始めてから時間を追ってどのぐらいの時期に変化があったかの例です。

1~2ヵ月
1日のリズムが整うようになった
3~4ヵ月
よくしゃべるようになった
5~6ヵ月
活力がわいてきた
7~12ヵ月
家族で団らんする時間が増えた

 

介護士も絶賛

ある介護士が絶賛しています。

介護士 T.Eさん(女性)の声(抜粋)

仕事で、お世話する高齢者の方が、どんどんぼんやりしていってしまうのを間近に見てきました。私たち介護士にとっても、ご家族にとっても、目の前にはつらい現実が待っています。

そんな時、サプリメント「プラズマローゲンEX」を知りました。

健康に悪影響のない「サプリメント」で、もし変化が実感できるならきっと継続できる、と思いました。

そして実際に摂取している方を観察していると、まず驚いたのは、今日起こったことを楽しそうに話し始めたことです。完璧ではありませんが、今までこのようなことはなかったので、驚きました。

摂取を継続していくと、顔色がよくなって生き生きしてきたような気がして、また、びっくりです。「若くなったね」と私が話しかけると、当人は嬉しそうに笑っていたその顔が忘れられません。

私たち介護士は、お世話する人の笑顔が一番嬉しいんです。

私は、この「サプリメント」は、高齢者をかかえていらっしゃるご家族の強い味方になると思います。

 

筆者も飲んでみました

思ったより小粒で、綺麗な錠剤です。

においをかいでみると、微かに独特なにおいがしますが(筆者の感覚です)、飲むさいには全く気になりません。鶏胸肉由来で、限界まで成分を凝縮しているのだと想像して飲みました。

説明書によると、いつ飲んでもよいが空腹時に飲むとよく吸収されるようです。

例としては、クリアな毎日を維持したい人は1日1錠、うっかりぼんやりが気になる人は朝食前に1錠・夕食前に1錠がお勧めということです。

何の抵抗もなくつるっと飲めてしまうので、これなら続けるのが楽だと思います。

 

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+