LINEで送る
Pocket

防止策

高齢者の睡眠不足は認知症を招く

高齢者の睡眠不足は認知症を招くリスクが高いようです。不眠によりアミロイドβを掃除して取り除くことができなくなるというのです。予防策には、30分以内の昼寝、酒・タバコを控える、社会的な接触や運動量を増やす等があるようです。

認知症の徘徊・行方不明対策「大牟田モデル」2

地域ぐるみで認知症の人を支える「大牟田モデル」も、自治体や当事者の努力がありました。大牟田モデルが他の地域でも機能するためには、普段からまわりの高齢者に気を配り、関心をもつことで、地域ぐるみで徘徊のサインを見逃さないことが大切だといいます。

認知症の徘徊・行方不明対策「大牟田モデル」1

認知症行方不明者1万人時代の到来が言われている中で、地域ぐるみで認知症の人を支える「大牟田モデル」という町づくりの方法が注目を集めています。見守りを行う家族やまわりの人にとって重要なのは、徘徊などが始まるサインを見逃さないことだといいます。

認知症の人を保護・救助する中学生・高校生、警察署からは感謝状

警察庁がまとめた2015年中の調査によると、認知症またはその疑いによる行方不明者は12,208人だったそうですが、最近では、認知症らしい高齢者が中学生や高校生に保護され、無事帰宅できるケースがあるようです。

認知症不明者の急増で警察犬の出動が増加するが、警察犬は減少傾向

認知症行方不明者の急増で警察犬の出動が増加しているようですが、その警察犬は減少しているようです。訓練の費用、飼育の費用に対して、報酬が高くないこと、いつ出動要請があるかわからないハードな状況から、警察犬の飼い主が減少しているのが理由のようです。

自治体や企業の認知症への理解を啓発する動き、見守る動き

全国の自治体や企業で、認知症の人の見守りや事故防止等に取り組む所が多くなってきました。見守り名簿を作ったり、メールを送信したり、通信機器や人の目による見守りが試行されているようです。

 

  • 認知症のサプリメント
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook