LINEで送る
Pocket

声掛け

認知症の徘徊・行方不明対策「大牟田モデル」2

地域ぐるみで認知症の人を支える「大牟田モデル」も、自治体や当事者の努力がありました。大牟田モデルが他の地域でも機能するためには、普段からまわりの高齢者に気を配り、関心をもつことで、地域ぐるみで徘徊のサインを見逃さないことが大切だといいます。

認知症の徘徊・行方不明対策「大牟田モデル」1

認知症行方不明者1万人時代の到来が言われている中で、地域ぐるみで認知症の人を支える「大牟田モデル」という町づくりの方法が注目を集めています。見守りを行う家族やまわりの人にとって重要なのは、徘徊などが始まるサインを見逃さないことだといいます。

認知症の人を保護・救助する中学生・高校生、警察署からは感謝状

警察庁がまとめた2015年中の調査によると、認知症またはその疑いによる行方不明者は12,208人だったそうですが、最近では、認知症らしい高齢者が中学生や高校生に保護され、無事帰宅できるケースがあるようです。

 

  • 認知症のサプリメント
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook