LINEで送る
Pocket

介護施設

入所待ちの特別養護老人ホームが、実は空いているのはなぜか

特別養護老人ホームといえば、入所待機者が多くてなかなか入所できないと考えている人が多いでしょうか。ところが意外にも、空きがある特別養護老人ホームがいくつもあるそうです。なぜそのような状況になっているのでしょうか。 特別養護老人ホームは入所一 …

無届け介護ハウス

「無届け介護ハウス」は、行政に老人ホームとしての届け出を行わずに運営されている施設です。格安で利用できる施設が多いため、主に低所得で身寄りがない高齢者の受け皿となり、急増しています。行政の基準をクリアしていない所もあり、危険も伴うようです。

介護施設「夢のみずうみ村」で導入されている「バリアアリー」

デイサービス「夢のみずうみ村」が実施している「バリアアリー」とは、施設内に段差や坂、階段、手すりの代わりに設置された不安定なロープなど、障害や困難をあえて作り、入居者にリハビリのとしてこれらを克服し、慣れていってもらおうというものです。

お泊りデイ(雑魚寝の老後)

デイサービスを提供する事業所などが提供する宿泊サービスが、お泊りデイです。介護保険対象外(自費負担)となり、数百円から数千円と料金にばらつきがあります。運営が事業者まかせのため劣悪な環境もあり、死亡事故やウィルス感染も発生しています。

「寝たきり老人」がいない?スウェーデンの終末医療に大きな違い

「世界幸福度調査」で10位にランクインしているスウェーデンでは、高齢者の施設でも寝たきりの人はいないそうで、自力でベッドから起き上がれない高齢者でも、スタッフの介助で車椅子に座り、他の入所者と共に食事を楽しんだりするそうです。

おひとり様の老後2(介護、成年後見制度)

「おひとり様」が増え続けている今、老後も不安なものです。介護が必要になった場合、介護認定を受けるにはどうすればよいか、成年後見制度は使えるのか、自分が認知症になった場合の後見人を選んでおく「任意後見契約」とは何か、などを紹介します。

オランダの認知症の人のための村「ホグウェイ」

オランダには、認知症患者の村とも呼ばれている「Hogewey(ホグウェイ)」という先進的な施設があります。ホグウェイは、認知症の人だけが入居できる施設で、介護士たちといっしょに暮している施設です。どんな施設なのでしょうか。

施設内通貨で楽しく頭のリハビリ

日本各地のデイサービスや特養などの介護施設において、意欲の向上、楽しく頭をリハビリすることなどを狙って「施設内通貨」を導入しているところが増えてきました。通貨を稼ぐ、貯める、使うことによって楽しみ、自立心、計画性、達成感が向上するようです。

 

  • 認知症のサプリメント
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook