Pocket

軽度認知障害(MCI)1

軽度認知障害(MCI)1

認知症の最も軽い段階であり、厳密に言えば、健常者と認知症の人の中間の段階(グレーゾーン)にあたる症状に、MCI(Mild Cognitive Impairment:軽度認知障害)があります。

MCIは、認知症と似た症状

MCIは、正式な病名ではありません。

MCIの状態になると、同じことを何度も繰り返して言ったり、ついこの前会ったばかりの人に「久しぶりですね」と声を掛けたり、同じものをたくさん買い込んでしまったり、物の置き場所がわからなくなったりします。認知症の症状とほぼ同じ症状のようですが、病院で記憶の検査や認知症の検査をすると、認知症ではなくMCI(軽度認知障害)であるという診断がおりる状態です。

MCIの場合、物忘れは目立つものの、会話は普通にできて日常生活には支障がなく、認知症の場合とは異なります。

健忘型と非健忘型

MCIの2つの型には、2つの型があります。「健忘型」と「非健忘型」です。

記憶障害があるかどうかの違いがありますが、MCIの多くは健忘型です。非健忘型では、記憶障害ではなく失語や失行などの症状が多く見られます。

健忘型MCIは進行するとアルツハイマー病になることが多く、非健忘型MCIは前頭側頭型認知症やレビー小体型認知症に進行することが多いと言われています。しかし、どちらの型も、すべてが認知症に進行するとは限らないようです。

いくつかの調査によると、そのまま治療を受けなくても、半数は認知症にならないようです。 しかし残りの半数は、年に12%から15%の割合で、MCIからアルツハイマー型認知症に移行するという研究報告もあります。

このことから、MCIは認知症の発症予備軍として注目されているのです。

診断や告知によるショックの問題

少しでも早く認知症を発見して治療することが大切であるとされている現在、あまり症状が重くない状態で受診して、MCIの診断が出るケースがあります。しかし、MCIの診断や告知を受けたことで、本人や家族がショックを受けてしまい、さまざまな問題が出てきることがあります。

物忘れはあっても、ほぼ支障なく日常生活を送っていた人が、MCIの診断を受けたことでふさぎ込んだり、気が滅入って意欲が低下したりすると、うつ状態になることもあるようです。本人だけでなく、家族もうつ状態になる場合があるようですから、診断がきっかけになって共倒れになる危険性も考える必要があります。

本人と家族の心のケア

治せない病気の場合、本人に告知するかどうかがよく問題になりますが、MCIの場合も配慮が必要であると言えます。

記憶の検査や認知症の検査を受ける段階で、既に本人は自分の「頭」をテストされていることがわかり、どんな結果が出るか大きな不安を抱くはずです。そして、MCIの診断が下されるとその不安に追い打ちをかけてしまいます。「認知症になることを予告された」と感じるかもしれません。

もちろん、MCIの段階でアリセプトなどの薬を投与し、進行を遅らせたり症状を改善させることも可能な場合はあります。しかし、本人と家族の心のケアが行われないままで、診断を行い告知することが良いことであるかどうか、疑問を抱く人も少なくないはずです。

診断を行うのは医学の役割ですが、心のケアまでは充分行われていないのが実情であるようです。本人や家族が診断を冷静に受け止めて、たとえ治療が難しくても、少しでも良い状態で過ごしていけるように共に考えていく心のケアが求められていると言えます。

自分でできる、簡易認知機能検査評価ツール

電話で受けられる簡易認知機能検査評価ツールがあります。

【あたまの健康チェック】」という判定ツールで、有料(税別3,500円)ですが、10分程度で受けられるテストです。軽度認知障害の早期発見のために役立つとされています。世界標準MCIテストと言われているようです。

とかく「物忘れ外来」や「認知症診断」として本人を連れ出したり、あるいはテストを受けてもらったりすることに対する本人の抵抗を少しでもなくし、「健康チェックの一環」として家族からプレゼントするという感覚で、親しみやすいネーミングや体裁で工夫して作られています。もちろん、介護する側の家族ご自身のチェックとしても有効ではないでしょうか。

【あたまの健康チェック】

電話口でオペレーターが単語を読み上げるので、復唱することで記憶して答えたり、読み上げられたものの中から種類が違うものを選んだりします。テストの結果は郵送で届けられるようになっていて、認知機能の指数も表示されています。この指数は0~100で示されるもので、0~49.8の場合、軽度認知障害の疑いがあるとされているようです。

軽度認知障害の診断のためのツールではなく、一般的な評価を得るためのものですから、気になる症状がある時は医師の診察を受けることが大切です。

 

血液で早期発見する「MCIスクリーニング検査」

軽度認知障害(MCI)を、血液だけで調べることができる検査「MCIスクリーニング検査」が開発されました。この検査では、発症前の脳の変化に着目し、軽度認知障害の可能性を判定するようです。

当サイト上では異論がありますが、アルツハイマー病はアミロイドβという物質が徐々に脳内にたまって発症するという説があります。本来人の体には、それを排出したり毒性を弱めたりする仕組みが備わっているとのこと。「MCIスクリーニング検査」では、この仕組みにかかわる3つのたんぱく質を調べます。

早期に発見し、診断を受けるためのスクリーニング検査なので、“リスクが高い”と判定された人は専門医の病院で2次検査を受けることが推奨されています。

 

関連ページ

 

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+