Pocket

軽度認知障害(MCI)2(チェック項目・検査)

軽度認知障害(MCI)2(チェック項目・検査)

健常者と認知症の人の中間の段階(グレーゾーン)にあたる症状に、MCI(Mild Cognitive Impairment:軽度認知障害)に該当するかどうかのチェック項目を見てみましょう。あくまでも簡易チェックなので、気になったら必ず専門医の診察を受けて下さい。

(元帝京大学名誉教授・安田和人先生の書籍を参考にしています)

軽度認知障害(MCI)のチェック項目

MCIのチェック項目にはさまざまなものがあるようです。ここでは、以下の2種類を見てみます。

MCIのチェック項目1

以下の5つのチェック項目が全てあてはまると、軽度認知障害(MCI)と考えられるようです。

  • 本人か家族からの、物忘れの訴えがある
  • 記憶障害以外の認知機能は正常な状態である
  • 日常の生活動作は自立している
  • テストや検査を受けても、認知症ではない
  • 高齢や教育レベルだけでは説明できない強い記憶障害(記憶機能の低下、記憶力の低下)が見られる

MCIのチェック項目2

日本テレビの「世界一受けたい授業」で、MCI(軽度認知障害)についての授業があり、以下のチェック項目が紹介されたようです。これらのうち3つ該当するものがあれば、MCIが疑われるそうです。

  • 何度も同じ話をする
  • 水が出っぱなし
  • 同じ商品を買っていた
  • 「あれ」「これ」で話す
  • 外出が減った
  • 服装などに無頓着
  • 趣味が楽しめない
  • 家電操作にまごつく
  • 小銭を使わなくなった
  • 日付が出てこない

MCIの予防や治療

MCIとわかったとしても、必ずしも認知症になるというわけではありません。 前ページにも記載しましたが、治療をしなくてもMCIの半数は認知症に移行しないという報告も出ています。

またこの時期に適切な治療を行えば、認知症を予防したり、発症を遅らせることができることがわかっています。気になったらすぐに、専門医に診察してもらいましょう。ぐずぐずしていると、回避できるものもできなくなってしまう恐れがあるのです。

MCIの具体的な対策

MCIの状態で認知症への移行が予測される場合には、薬物療法を行うこともあるようですが、認知症への移行する予測がない場合には、

  • 食生活の改善
  • 運動不足の解消
  • 十分な睡眠
  • 人と交流する
  • 頭を使うことをする、頭を使う趣味を持つ

など、様々なことに積極的に取り組むべきだとされています。
これは、認知症の予防そのものですね。

自分でできる、簡易認知機能検査評価ツール

電話で受けられる簡易認知機能検査評価ツールがあります。

【あたまの健康チェック】」という判定ツールで、有料(税別3,500円)ですが、10分程度で受けられるテストです。軽度認知障害の早期発見のために役立つとされています。世界標準MCIテストと言われているようです。

とかく「物忘れ外来」や「認知症診断」として本人を連れ出したり、あるいはテストを受けてもらったりすることに対する本人の抵抗を少しでもなくし、「健康チェックの一環」として家族からプレゼントするという感覚で、親しみやすいネーミングや体裁で工夫して作られています。もちろん、介護する側の家族ご自身のチェックとしても有効ではないでしょうか。

【あたまの健康チェック】

電話口でオペレーターが単語を読み上げるので、復唱することで記憶して答えたり、読み上げられたものの中から種類が違うものを選んだりします。テストの結果は郵送で届けられるようになっていて、認知機能の指数も表示されています。この指数は0~100で示されるもので、0~49.8の場合、軽度認知障害の疑いがあるとされているようです。

軽度認知障害の診断のためのツールではなく、一般的な評価を得るためのものですから、気になる症状がある時は医師の診察を受けることが大切です。

 

血液で早期発見する「MCIスクリーニング検査」

軽度認知障害(MCI)を、血液だけで調べることができる検査「MCIスクリーニング検査」が開発されました。この検査では、発症前の脳の変化に着目し、軽度認知障害の可能性を判定するようです。

当サイト上では異論がありますが、アルツハイマー病はアミロイドβという物質が徐々に脳内にたまって発症するという説があります。本来人の体には、それを排出したり毒性を弱めたりする仕組みが備わっているとのこと。「MCIスクリーニング検査」では、この仕組みにかかわる3つのたんぱく質を調べます。

早期に発見し、診断を受けるためのスクリーニング検査なので、“リスクが高い”と判定された人は専門医の病院で2次検査を受けることが推奨されています。

 

関連ページ

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+