Pocket

軽度認知障害(MCI)を血液で早期発見する「MCIスクリーニング検査」

軽度認知障害(MCI)を血液で早期発見する「MCIスクリーニング検査」

最近の研究では軽度認知障害(MCI)の段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防いだり、症状の進行を遅らせたりすることが可能という見解があります。

軽度認知障害(MCI)を、血液だけで調べることができる検査「MCIスクリーニング検査」が開発されました。この検査では、発症前の脳の変化に着目し、軽度認知障害の可能性を判定するようです。

血液で早期発見する「MCIスクリーニング検査」

当サイト上では異論がありますが、アルツハイマー病はアミロイドβという物質が徐々に脳内にたまって発症するという説があります。本来人の体には、それを排出したり毒性を弱めたりする仕組みが備わっているとのこと。「MCIスクリーニング検査」では、この仕組みにかかわる3つのたんぱく質を調べます

早期に発見し、診断を受けるためのスクリーニング検査なので、“リスクが高い”と判定された人は専門医の病院で2次検査を受けることが推奨されています。

 

関連ページ