Pocket

認知症の段階(アルツハイマー型)

認知症の段階(アルツハイマー型)

認知症の半数以上を占めるといわれるアルツハイマー型認知症の場合を中心に、認知症(旧痴呆症)の進行段階について紹介します。

アルツハイマー病では、脳が損傷を受けて脳細胞が死滅していくため、いろいろな機能が失われていきます。脳は知的な機能はもちろん、身体的な機能もつかさどっているので、身体的な機能の一部も失われてしまいます。全ての人に同様の症状が現れるとは限りませんが、各進行段階で現れる主な症状を挙げておきます。

※下記の例は、個人や環境によって差があり、また様々な段階の症状が混在して現れることもあるため、あくまでも参考としてご覧下さい。症状の進行は本人の状態を見て推測し、可能な限り専門医の診察を受けて下さい。

初期

老化のために起きている症状なのか、認知症の症状なのか、区別が難しい時期です。

物忘れの進行は非常にゆっくりで、最初の頃は自分で気づいていても、だんだんわからなくなっていきます。物忘れをするので探し物をすることが多くなり、「誰かに盗られた」と言って騒いだりします(物盗られ妄想)。やがて食事をしたことも忘れるので、「過食」をすることがあります。入浴や洗顔、着替えを嫌がったり、薬をのむことを拒否するなど、介護に抵抗したりするようになります。

意欲が低下して元気のない状態になり、うつ病と似た状態(抑うつ)になったりします。

物事への関心が薄れたり、趣味でやっていたことをやらなくなったりします。料理の味付けがおかしくなることがあります。

人格が変化する場合もあります。もとの性格とは反対の性格になる場合と、もともとの性格がいっそうはっきりしてくる場合があります。

生活環境に変化さえなければ、それほど大きな支障もなく日常生活が送れる時期と言われています。2~3年から5~6年続くことが多い時期であるとされていますが、もっと長い時間をかけて経過することもあります。

認知症初期の関連ページ

中期

問題となる症状が多くなる混乱期です。

見当識障害」という、年月日や時刻、場所、季節などがわからなくなる症状が出てきます。少し前のことがわからなくなり、現在と過去の区別もつかないことがありますが、古い記憶はあまり失われていないことが多いようです。

徘徊の症状が出てくるので、目が離せなくなります。慣れた道でも迷子になることがあり、「家に帰る」などと言ってどこかへ行こうとすることもあります。

身の回りのことができなくなり、生活に支障が出てきます。自分で服を着たり入浴したり、電気製品を使ったり家事をしたりすることも困難になってきます。

家計を管理することができず、同じ物を大量に買い込んだり、お金を多額に引き出してしまったりすることがあります。失禁したり、トイレ以外の場所で排泄したりすることがあります。

実際にはないものが見える「幻覚」や、暴言・暴力、不安が強くなるなどの症状も現れます。性的な問題行動が現れることがあります。

この時期は2~3年続くことが多いようですが、介護の負担が大きくなってくる時期です。

後期・末期、最期

脳細胞がさらに死滅するので、脳の萎縮が進行します。

そのため、言葉も数もわからなくなり、まわりの人と会話ができなくなる場合があります。異食(食べ物ではない物を食べること)や弄便(排便の失敗で、手や衣類、トイレなどを汚すこと)の症状が現れることもあります。脳の萎縮により運動機能も低下し、歩くことや、立ったり座ったりすることもできなくなって、最終的には寝たきりになるようです。寝たきりになると、全身状態はだんだん低下していきます。免疫機能も低下し、感染症(細菌やウイルスに感染して起きる病気)にかかりやすくなります。

自分で口を開けて食べようとしなくなり、水や食べ物を飲みこむ嚥下(えんげ)機能も損なわれ、栄養状態が悪くなります。そのため、経管栄養法(鼻から胃にチューブを通したり、胃に直接チューブをつけたりして流動食で栄養補給すること)という方法を取ることもありますが、誤嚥性(ごえんせい)肺炎(食べ物や異物が誤って気管内に入ってしまうことが原因で起きる肺炎)を起こす危険性が高くなり、死に至る場合も少なくないようです。

アルツハイマー病を発病した場合、平均して8年から10数年で死亡するとされていますが、経過も含めて個人差が大きいと言えます。

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+