Pocket

認知症に効果があるといわれるフェルラ酸

認知症に効果があるといわれるフェルラ酸

認知症の予防や改善に効果的であるとされているフェルラ酸について、見ていきましょう。

米ぬかに多く含まれるフェルラ酸は、アルツハイマー型認知症に効果的

フェルラ酸とは、天然の化学物質であり、植物の細胞壁を形成し強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。

初めて発見されたのは1866年で、地中海に自生するオオウイキョウというセリ科の植物から発見されたため、その学名(Ferula communis)にちなんで、フェルラ酸と名づけられました。

通常、フェルラ酸は米や小麦等の穀物や種子に多く含まれていて、米ぬかから精製されたフェルラ酸がアルツハイマー型認知症の改善に効果的であるという研究結果が、これまでにいくつも発表されています。

その中でも、2008年に『老年医学』誌に発表された、広島大学の中村名誉教授らの研究がよく知られているようです。この研究では、9ヵ月間にわたって143人のアルツハイマー病患者にフェルラ酸が投与され、認知症が軽度である場合は認知機能が改善し、中度の場合はある程度認知機能の低下を抑制できたことが報告されました。

また、ヒトの神経芽腫細胞の神経突起が、フェルラ酸によって長く伸びることが報告された研究もあります(岡山大学農学部 高畑教授他)。

フェルラ酸は、認知症の他にも高血圧や糖尿病の予防・改善や肌を美しく白くする効果もあるとされていますし、食品や医薬品の添加物である酸化防止剤としても利用されています。紫外線を非常によく吸収することも知られています。

フェルラ酸により神経伝達物質が放出され海馬に働きかける

フェルラ酸が消化管に入って感覚神経を活性化させると、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という神経伝達物質の一種が放出されます。

CGRPの働きで脳に信号が伝達されると、脳の海馬の機能が回復し、認知機能の改善に結びつくとされています。

海馬にあるIGF-1(成長ホルモンの働きを促進する物質)が、血管を新しく作ったりニューロンの再生を促したりすることにより、海馬の機能を回復させると考えられています。

また、当サイトでは異論がありますが、アミロイドβという物質がアルツハイマー病の原因ではないかとも考えられていて、フェルラ酸がアミロイドβの脳への蓄積を抑制していると考える研究者もあるようです。

 

コウノメソッドでフェルラ酸が推奨されている

いま注目されている認知症の治療法に、名古屋フォレストクリニック院長の河野和彦先生が提唱する「コウノメソッド」があります。

コウノメソッドでは薬物治療が行われますが、医薬品の他にサプリメントも積極的に活用されていて、フェルラ酸のサプリメントも推奨されています。

コウノメソッドで推奨されているのはフェルガードというサプリメント(医師の指示によって使用可能)で、フェルラ酸とガーデンアンゼリカまたはパコパモニエラ(いずれも、ハーブの一種)が配合されています。配合の比率が異なるいくつかのサプリメントがあります。

フェルラ酸がどのくらい認知症を改善させるのか、河野先生は具体的に数字で示しています。認知症のタイプにより改善率は異なり、下記の通りです。

  • 脳血管性認知症 55%
  • アルツハイマー型認知症 65%
  • レビー小体型認知症 80%
  • 前頭側頭葉変性症 85%

上記の他、認知症により低下することが多い嚥下機能も80%が改善したとされています。

 

周辺症状を改善して介護者の負担を軽くする

認知症の治療薬と言えばアリセプトが有名ですが、アリセプトだけでなくフェルラ酸のサプリメントも併用する医師が増えつつあるそうです。

河野先生によると、フェルラ酸の効果は早ければ翌日には現れることもあるそうで、会話はもちろんコミュニケーションが一切取れなかった人が、フェルラ酸をのんだ翌日には笑顔で挨拶できたということも実際にあったそうです。

また、アリセプトが原因であるとは言い切れませんが、アリセプトを1年間服用していた人が徐々に怒りっぽくなって家族を困らせていたのですが、フェルラ酸のサプリメントを服用して2ヵ月も経たないうちに効果が現れ、怒ることなくにこやかに会話ができるようになったケースもあったそうです。

フェルラ酸は、認知機能の改善よりもむしろ、介護者に最も負担が大きい周辺症状の改善に効果があるとされています。

 

確実にフェルラ酸が摂取できるサプリメントで認知症予防

フェルラ酸が多く含まれている穀物(脱穀していない、殻がついたもの)や種子を多く食べることで、フェルラ酸はある程度は摂取できますが、フェルラ酸の摂取量だけを考えると食事が偏ってしまう可能性があります。食事が穀物に偏ると炭水化物を多く摂ることになり、健康上の問題が出てくるかもしれません。

フェルラ酸の効果を得るためには、毎日約100mg以上を摂取する必要があるようですが、どんな食品でも摂り過ぎると良くありません。

例えば、食品100gあたりのフェルラ酸の含有量は、米ぬか:約250mg、玄米:約41.8mg、白米:約9.4mg、コーヒー豆:約50mgです。いくらフェルラ酸が多く含まれていても、米ぬかを毎日大量に食べることは困難である上、米ぬかには体の中の鉄分を排出してしまう作用があります。

コーヒーを飲み過ぎると、カフェインを過剰に摂取することにもなります。

やはり、安全で確実に摂取できるフェルラ酸のサプリメントがよいようです。フェルガードは医師の指示がある場合のみ服用可能ですが、フェルガードの他に自由に購入できるサプリメントもあります。

フェルラ酸のサプリメントは認知症になってから摂取しても効果は期待できるようですが、認知症の予防にももちろん効果があるとされていますから、同じ摂取するのなら予防する段階での摂取をお勧めします。

 

すぐに購入できるフェルラ酸を含有したサプリメントの例

フェルラブレインPLUS

フェルラブレインPLUSは、アルツハイマーの進行を遅らせるとされる「フェルラ酸」他、「ホスファチジルセリン」「ビンマカイナー」「DHA」を、推奨量限界まで濃縮配合した認知症予防サプリメント。筆者のお勧めです

月読(つくよみ)

月読(つくよみ)は「物忘れ防止成分」と「元気成分」の2つでサポートをします。フェルラ酸ガーデンアンゼリカ、ヤマブシタケ等、今注目の成分を配合。いつまでも知的で元気でいたい人のサプリメント。

 

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+