Pocket

黒酢に認知症を改善・抑制する可能性あり。鹿児島大学が発表

黒酢に認知症を改善・抑制する可能性あり。鹿児島大学が発表

認知症の予防に効果があるとされているサプリメントや食品はいくつもありますが、2013年に黒酢もそのひとつである可能性が明らかになりました。

黒酢とはどんな食品か

黒酢は文字通り黒っぽい色の食酢で、熟成するほど黒くなります。当発表をした鹿児島大学がある鹿児島県の特産品のひとつです。

鹿児島県の福山地方では、200年も前から壺で酢を製造しているそうで、壺酢とも呼ばれていたようです。一般的に料理によく使う米酢は、まず米からお酒を造って酢酸菌で発酵させる方法で製造するのですが、黒酢は、壺の中に蒸した米と麹(こうじ)、地下水を入れて、太陽熱だけで発酵させて製造します。

黒酢を製造するときに壺の底に溜まる黒酢もろみにも、アミノ酸やクエン酸など、体に良いとされている成分が多く含まれています。

※「もろみ(醪・諸味)」とは、醤油・酒などを作るために醸造した液体に入っている、発酵した柔らかい固形物。

黒酢が持つ効果とは

黒酢や黒酢もろみには、認知症だけでなく他の多くの病気を予防したり、症状を抑制して改善したりする効果があるとされています。特に、高血圧や疲労回復に効果が高いと言われています。

体の余分な脂肪を減らす効果や、肌のツヤや張りを改善する美容の効果もあるとのことで、女性にも愛用している人が多い健康食品です。

黒酢は料理に手軽に使えることもあり、数多くある健康食品の中で人気が高いもののひとつであると言えます。黒酢に限らず、米酢にも老化防止の効果があるとされているようです。

使用・摂取方法の例

実際に、筆者も黒酢を購入して飲んでみました。飲みにくいという話を聞いたことがありましたが、確かに薄めても飲みにくかったですが、黒酢を薄めてはちみつを加えたり、果物のジュースに黒酢を少し加えたりすれば、かなり飲みやすくなりました。

また、酢の物に使う米酢に黒酢を少し加えたり、焼き魚に添える大根おろしに黒酢を少量加えると、とてもおいしくいただくことができました。米酢を使う料理(酢豚や南蛮漬け等)であれば、黒酢は問題なく使えそうです。

黒酢に認知症予防の効果がある可能性を発見した、鹿児島大学の研究とは

鹿児島大学共同獣医学部の叶内(かのうち)宏明准教授らの研究グループでは、食品により認知症を予防することを目的に、マウスを使って研究を行ってきたそうです。今回の研究では、黒酢や黒酢もろみ末(黒酢もろみを乾燥させた粉)をマウスに摂取させて実験が行われました。

鹿児島大学の実験は、認知症モデルマウス(認知症の状態に近いマウス)モリス水迷路という装置を使う方法で行われました。認知症モデルマウスは遺伝子を変えて作られた早老マウス(老化が早いマウス)で、普通のマウスの寿命の約半分しか生きられません。

モリス水迷路とは、直径1mの円形の水槽に深さ20cmくらいまで水を張り、その一部分にだけ浅瀬を作ってある装置です。この中で泳がされるマウスは、浅瀬にたどり着けたら足が届いて泳ぐのをやめることができるのですが、水には墨などで濃い色をつけてあり、目で見ただけでは浅瀬の場所はわからないようになっています。

黒酢や黒酢もろみを餌に混ぜたものを、最長で半年にわたって摂取させたマウスと、何も混ぜていない普通の餌を摂取させたマウスとで、1分以内に浅瀬にたどり着けるかどうか、そして脳内の変化に違いがあるかどうかを調べたのが、鹿児島大学の研究です。

黒酢の摂取により、不溶性たんぱく質の蓄積が抑制される

鹿児島大学が実験を行った結果、黒酢もろみ末を摂取したマウスと普通の餌を食べていたマウスには大きな違いはなかったものの、黒酢を摂取したマウスには、1分以内に浅瀬にたどり着けたものが明らかに多かったとのことです。

これに対して、黒酢も黒酢もろみ末も摂取していなかったマウスには、最後まで浅瀬にたどり着けなかったものが多かったようです。この結果から、黒酢を摂取したことで、認知症の状態に近いマウスの認知機能低下が抑制されたと言えるようです。

また、マウスの脳の内部を調べると、黒酢を摂取したマウスでは、認知症の原因とされている物質の蓄積が抑制された可能性もあるという結果が出たようです。いずれも、黒酢が脳にどのように作用したのかはまだわからないようで、今後さらに研究が進められていくものと思われます。

叶内教授らの研究グループでは、脳内にアミロイドβという不溶性たんぱく質が蓄積されることが認知症の原因であると考えているようですが、当サイトでは別の見解を持っています。アミロイドβが直接の原因ではなく、水溶性アミロイドが脳の神経細胞に対して毒性を示しているのではないかという考え方で、認知症の専門家の間ではある程度共通した意見のようです。

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+