Pocket

えごま油が認知症・うつ病・血管若返りに効果あり?効果的な使い方

えごま油が認知症・うつ病・血管若返りに効果あり?効果的な使い方

一般に体に良いと言われているいくつかの油の中で、認知症やうつ病、血管の若返りに効果が期待できると言われているえごま油について考えます。

えごま油は、脳を活性化させる効果があるαリノレン酸を多く含む

えごま油は、ごま油の一種ではないかと思われる方もいるかもしれませんが、えごまはゴマ科ではなくシソ科の植物です。

えごまの葉は大き目の青ジソのような形で、韓国料理によく使われる香草のひとつです。あまりなじみがないかもしれませんが、日本でもスーパーの野菜売り場等で見かけることがあります。えごま油は、ごまとは違った風味や香りを持つえごまの実を搾って作られています

福島県の会津地方では、えごま油を「じゅうねん」と呼ぶことがあるそうですが、これは、えごま油を食べたら10年長生きできるという意味です。なぜ長生きできるのかというと、えごま油に多く含まれるαリノレン酸には、血流を改善して脳を活性化させる効果があるからだそうです。

 

αリノレン酸には、認知症やうつ病の改善や血管の若返りに効果が

αリノレン酸は聞き慣れない言葉で難しそうな印象を受けますが、人間の体には必ず必要な栄養素のひとつで、脂肪酸の一種です。脂肪酸は体内でエネルギー源として蓄えられたり、体の中の細胞やホルモンを作る材料になったりするものです。αリノレン酸は体内では作れないので、食べ物から摂取する必要があります。

αリノレン酸を摂取すると、体内でDHAやEPAに変換されます。このDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)なら、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

DHAやEPAに期待される記憶力・認知力アップの効果

DHAもEPAも脂肪酸のひとつで、血管が硬くなってしまうのを防いで若返らせたり、血液をサラサラにしたりする効果があるそうです。どちらにも共通する効果もあるようですが、大きな違いは、DHAにはより多くの記憶力アップ認知力改善の効果があるとされていることと、EPAの方が、血流を改善して血管を若返らせる効果が高いとされていることです。

人がDHAやEPAを摂取すると、まず小腸で吸収されて血液中に入ります。そして、DHAは血管の中を血流に乗って脳へ運ばれて行き、EPAは通過することができない脳の入り口(血液脳関門といいます)も通過するとされています。

脳の中に入ったDHAは、記憶力や学習能力の維持に必要な海馬という部分に集められて、脳を活性化させる働きをするそうです。まさに、認知症の改善に直結するのではないかと思われる効果がありそうですね。

また、認知症だけでなく、うつ病に対するαリノレン酸の効果についても研究が行われているようです。うつ病の発症には、脳内の神経伝達がうまくいかなくなっていることも原因ではないかと考えられているので、αリノレン酸により脳を活性化させることで、脳内の神経伝達を改善することができるのではないかということです。

 

えごま油の効果的な使い方

えごま油は、毎日小さじ1杯程度(5CC)の摂取で効果があるとされています。

魚を食べることで同量程度のαリノレン酸を摂取しようと思えば、サバの場合は半尾、イワシであれば3尾程度は食べる必要があります(参考:認知症の予防(魚食1))。そのまま飲めば一番手軽に摂取できますが、毎日飲み続けると飽きてしまうことも考えられます。また、あまり強くありませんが独特のにおいがあるので、そのままでは飲みにくいと感じる方もいるかもしれません。

そこで、料理に使うことをお勧めしたいのですが、えごま油は加熱しないことが大切です。加熱すると酸化して、味も効果も落ちてしまうそうです。例えば炒め物に使う場合は、炒める時には別の油を使い、食べる直前にえごま油をかけるのが効果的な使い方であるようです。サラダのドレッシングにそのまま使うのなら、問題はないと言えます。

野菜の浅漬けに少し使ったり、和え物、酢の物にも混ぜてみてはどうでしょうか。えごま油同様に認知症に効果があるとされる黒酢といっしょに使えば、独特のにおいがわかりにくくなる上、効果も倍増すると言えます。

もちろん、最も手軽にえごま油を摂取したい場合は、サプリメントを活用して毎日確実に摂取する方法がよいでしょう。

 

えごま油の使い方の注意点

えごま油の使い方には、いくつかの注意点があります。

当然ですが、えごま油そのものの摂取量ではなく、αリノレン酸がどれだけ摂取できるかが重要ですから、えごま油にどのくらいのαリノレン酸が含まれているのかを理解した上で購入されることが望ましいのではないでしょうか。

一般に、健康食品等の品質や効果が問題視されることはよくあるのですが、消費生活相談窓口へのえごま油に関する相談件数が、2015年度より急増しているとのことです(参考:見た目だけでは分からない、えごま油の品質 )。

通常、市販されているえごま油には60パーセント程度のαリノレン酸が含まれているようですが、多くある商品の中からどのえごま油を購入するのがよいか、よく検討されることをお勧めします。

また、えごま油は保存の方法にも注意する必要があります。えごま油は非常に酸化しやすく、常温で保存すると味も効果も早く低下してしまいますから、使ったあとは必ず冷蔵庫に保存して、早めに使い切りましょう。

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+