Pocket

認知症初期の接し方2(具体例)

認知症初期の接し方2(具体例)

認知症初期の接し方の具体例を見ていってみましょう。
フレディ松川先生の研究・書籍を参考にしています)

接し方の具体例

■ 同じ話を何度も話す

同じ話を何度も話す症状は、初期の頃に大変よく見られるようです。
(単なる老化による物忘れと、見分けられないことも多いようです)
こんなときに、話を聞かない、相手にしない、さらにはうるさがったりうっとうしがったりすると、本人は傷つき、疎外感を感じ、やがて認知症が進行するといいます。

【接し方】

本人の話を聞いてあげる、とはいえ同じ話の繰り返しなので、家族のほうもあまり真に受けず、全般に穏やかに対応することが大切なようです。

体験談[同じことを何度も言う]
症例[同じことを何度も言う]

■ 「物を盗られた、あんたがやったのだろう」などと言う

(人間的付き合いも認識も狭くなっているため)ごく身近な家族に対して言うことが多いようですが、言われた方はやりきれない症状です。日頃細かいことまで介助している家族にとっては、いったいなんのために助けているのかわからなくなってくるでしょう。
しかし、真に受けて怒ったり否定したりして感情を刺激すると、さらに悪化するケースがほとんどのようです。

【接し方】
「それは大変、後で一緒に探しましょう」などと同調しておく方法です。とにかくそうして、本人の気持ちを落ち着かせます。そのうち聞いたこと自体を忘れてしまい、おおよそ一緒に探す必要は無いことが多いようです。

体験談[物盗られ妄想]
症例[物盗られ妄想]

■ ご飯をこぼしたり部屋を散らかしっぱなしにする

性格や身なり、生活の様子が変わってきたら、認知症の始まりかもしれないという疑いがあります。
おしゃれだった人が身なりに無頓着になる、几帳面に片付けていた人が散らかしっぱなしにするのがその例です。そんなときに頭ごなしに怒ると、やはり自尊心や自信を失い、落ち込んでいくことになります。
まじめな人ほどプライドがあるので、それを傷つけて落ち込ませないようにすることが大切といいます。

【接し方】
怒らない、教えない、命令しない、ということを肝に銘じて接することで、それ以上悪化させないことにつながるといいます。もちろん、片付けられない、散らかすことは、直らないかもしれません。しかし、それに対して怒ることで、より状況を悪化させることは避けましょう、ということです。失敗して一番まずいと思っているのは本人です。感情的にも「怒られた」「責められた」という気持ちだけが残ってしまうのです。

■ 夕方になると「家に帰る」と言う

そこに住んでいるのに、夕方になると「家に帰る」と言いだす症状です。
心理的要因としては「その場所にいづらい」「以前の自分の場所に帰りたい」などという気持ちがベースにあるのではないかと言われています。
こんなとき、勝手に出て行っては危ないと思って、玄関に鍵をかけて出られなくするのは最悪です。本人は、閉じ込められたと思ってさらに恐怖心を抱き、追い込まれかねません。

【接し方】
例えば、「じゃあ一緒に行こう」といって出かけ、一回りして帰ってくる方法です。
本人は同じ場所だということを忘れているので、そのまま素直に家に帰ることが多いようです。

■ 本人が一人では心配だからと、むやみに家族が引き取る

認知症の疑いがあったら、認知症の症状が出始めてきたら、息子(娘)などの家族は心配して、自分たちの下に引き取ろうとすることがあります。もちろん本人が心配でそうするのですが、むやみにこれを行なうことは危険なようです。

というのも、引っ越したことによる環境の激変で、それまで馴染んでいた知友人と会えなくなったり、今まで気軽に出かけていた先がなくなり部屋にこもりがちになったり、これまでの慣れ親しんだ環境でのリラックスした自由な生活が奪われると、ストレスを呼び、孤独にさいなまれ、認知症が進行したり悪化することがよくあるようです。高齢者に大きな変化を与えることは危険なのです。

【接し方】
本人の生活に一部ヘルパーさんなどの介助を入れたりして、これまでどおりの本人の生活ペースをできるだけ継続できる形を模索したり、大きな環境の変化が起こらないようにすることも大事なようです。

関連ページ

 

  • 認知症のサプリメント
  • すぐに役立つ情報集
  • 筆者のTwitter
  • 筆者のFacebook
  • 筆者の筆者のGoogle+