Pocket

当サイトについて

当サイトについて

家族が認知症になったとき

家族が認知症(旧痴ほう症)になったとき、家族はどう対応したらよいのでしょうか。まず病院で診断、そして認知症とわかったら何に注意して生活すればよいのか。どこの窓口に行ったらいいのか。助けになるサービスはどこにあるのか。介護とはどんなものなのか。不安はつきません。

そもそも、いったい認知症とはどんなものでしょうなのか。

当サイトは、介護する家族の人が認知症の知識を得ながら、本人とその症状に向き合っていくために共に考えるサイトです。それは決して容易なことではありませんが、よりよい方法を見つけることが、介護者や本人、そして家族の人の気持ちの安定につながることを信じています。

どうしたら共に生きていけるか

「80歳になると、5人に1人が認知症」というデータが物語っている通り、認知症と向き合って生きていくことは私たち誰もにとってもはや避けられない事態です。

どんな人でも年をとり、自分自身が認知症になる可能性を秘めています。

当サイトでは、最新の治療法や薬などを追求するばかりではなく、

  • どうしたら認知症(また認知症の人)と共に生きていけるか
  • 家族として、どう対応したらよいのか
  • 認知症にならないようにするには、どうしたらよいのか

などを掘り下げていきたいと思います。

当サイトで至らないこと

当サイトにおいては、認知症の知識に対する誤解、介護者の立場や認知症本人に対する誤解など、さまざまな至らないところがあると思われます。そんなときには、どうかご指導・ご指摘を頂けますと幸いです。

このサイトを見て、少しでも気が楽になる、そんな方がいらっしゃれるように、日々サイトを育ててまいります。

紹介する商品・サービスについて

当サイトにおいて紹介している他社様の商品・サービスに関する詳細は、リンク先のサイトにてご確認・お問合せ下さい。